お知らせ

2018/04/18

【ブラックレーベルオフィシャルブログ】【横隔膜を鍛えて姿勢改善!引き締まった体を手に入れるコツ】

日常生活で階段の昇り降りなどですぐに息切れをしてしまう方。
普段の姿勢が乱れていて、スマホやPCを使ったお仕事をしている方は呼吸が浅くなっているかもしれません。
肺を始めとした呼吸器官の中で横隔膜という部位。
実は筋肉だということはご存知でしょうか?
今回は横隔膜を鍛えることでのメリットやトレーニング方法。
クリッパーで販売している横隔膜強化にオススメ商品をご紹介します!
・横隔膜とは?
横隔膜は肺の下に覆うようにある膜のような筋肉。
上半身と下半身をつなぐ重要な場所にあり、腹部から腰にかけて存在する(インナーユニット)
と呼ばれる体幹の重要な場所にある筋肉です。
インナーユニットにある筋肉は他に腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群(骨盤に伸びている筋肉の総称)と言った箇所が挙げられます。

・どんな効果あるのか?
横隔膜は呼吸の補助だけではなく、腹圧を生み出す事にも役立っていて、腹圧とは複式深呼吸で息を吸う時
ウエイトトレーニングで高重量で扱う時などにも活躍する圧力のことでこれを支えているのも横隔膜。
また、呼吸も楽になり代謝も上がるので、ダイエットしたい方にもオススメ。
横隔膜を鍛えることでインナーユニットの強化につながるため本来の姿勢を維持する力を取り戻すことが出来るため
姿勢の改善にもなります。

・オススメのトレーニング
横隔膜を鍛えるトレーニングでオススメなのが「ドローイン」
体を仰向けに横になり膝を楽な状態で立て、鼻から息を吸ってお腹をできるだけ大きくします。
口から息を吐きながらお腹を大きく凹ますトレーニング。
ゆっくり大きく行うのがポイントで横隔膜を動かすことを意識して行いましょう。
回数の目安は10回ほど。合計3セット行いましょう。

如何でしょうか?
呼吸器官を強化すると呼吸も安定して自律神経の改善にも繋がります!
横隔膜を強化するトレーニング器具でオススメしたいのが「O2トレーナー」!
呼吸の負荷を変えていくことが出来るのと、マウスピースのように装着して使うので
ランニング時や力を発揮したいトレーニングの際にぜひ取り入れてみては如何でしょうか?
こちらに詳細が記載されていますので、ぜひ見てみてくださいね!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます!
#肺活量
#横隔膜
#呼吸
#健康
#筋トレ
#インナーユニット
#脂肪燃焼

171view

次へ リストを見る