お知らせ

2018/04/10

【ブラックレーベルオフィシャルブログ】【持ち歩くだけで全身の強化につながるファーマーズウォークとは?】

みなさん、ある器具を持ち歩くだけで全身の筋トレになるトレーニングがあるのはご存知ですか?
それは「ファーマーズウォーク」と呼ばれるトレーニングで、重いダンベルや専用の器具を両手で持って歩くというトレーニング。
実はストロングマンチャレンジと言われる大会でも種目になっているトレーニングなんです。

高重量のトレーニングに興味がある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

【ファーマーズウォークとは?】
まず、ファーマーズウォークとは重たいものを持って歩くことで握力から体幹まで全身の筋力の向上が期待できるトレーニング。
更に心肺機能を高めるため優れたエクササイズにもナルトのことです。

トレーニングの際は両手にダンベルやケトルベル、ウエイトやバーを用いるのですが、重量は体重の半分くらいの重さから2倍までを目安として行うと良いそうです。
歩く距離や回数に目安はないのですが、これ以上フォームを維持して歩けないところまで続けるというハードなトレーニングです。

フォームを維持して行うことにより、まず物を持つ力がつきますし、歩くことで下半身の強化。
重たいものを持ち上げることで上半身に刺激を与えることが出来ます。
一つの動作でたくさんの筋肉を使うため非常に効率的に感じますが、重たいものを持つトレーニングなので正しいフォームで行わないと
腰などに大きな負担をかけてしまいます。

ファーマーズウォークの正しい姿勢はデッドリフトと同じ要領で行うと腰に負担をかけづらくなるそう。
重たいものを持つ時は脚を少し曲げ、腰はまっすぐに伸ばしたまま持ちましょう。
持ち上げる時は太腿の筋肉を使い身体で持ち上げるイメージで上げましょう。
持ち上げたら姿勢はまっすぐにし、胸を張ります。
歩く時は脚を少し小幅にし少し曲げたまま歩きましょう。
1歩ごとにお尻と太腿の筋肉が収縮させるように意識して腹筋にもしっかり力を入れておきます。

最初のうちは5メートルほどを目安に10往復出来るところから始めてみましょう!
慣れてきたときや重量を追加していきたい時は腰の負担を軽減できるようにパワーベルト(トレーニングベルト)も取り入れると
腰の負担も軽減できると思います。

如何でしたか?
自宅でダンベルを使っても行えますが、もし自宅に器具がない場合は水を入れたバケツで代用しても良いのだそう!
重量も水の量で調整できるので気になった方はぜひトライしてみて下さい!
また、ご自宅の外でもトレーニング出来るスペースをお持ちの方はクリッパーでも販売しておりますのでぜひご検討下さい!
【今なら特別価格で販売中です☆】

大型器具のサポートアイテムも多数用意してますので、ぜひ見てみてくださいね!
本日も最後まで読んで頂きありがとうございます!
#ファーマーズウォーク
#筋トレ
#大臀筋
#大腿四頭筋
#背筋
#腹筋
#ダンベル

193view

次へ リストを見る