お知らせ

2018/03/27

【ブラックレーベルオフィシャルブログ】【ケトルベルを使って全身の連携力を高めてみよう。】

みなさんケトルベルというトレーニング器具はご存知でしょうか?
鉄球に取っ手の付いた形で、ヤカンみたいなダンベルのような器具で、フィットネスクラブなどの広告などで
見たことがある方も多いかと思います。
実はケトルベルを使ったトレーニングは一つの動作でも様々な効果が期待できるのはご存知でしょうか?
今回はおすすめのトレーニングや効果について紹介していきます。

まず、ケトルベルについてですが、先程書いた通りヤカンを連想させる形でロシアの伝統的な筋トレ器具なんだそうです!
使うことで得られる効果が色々あり、筋肉を大きくするよりも全身の筋肉の連携力を高めたり、心肺機能の向上
脂肪燃焼や姿勢改善・体幹の強化に期待できるそうです。

ケトルベルを使うときの最適な重量については男性はまず12kgくらいから。
女性は4kgから始めると良いそうです。
重量は幅広く取扱いがあるので、慣れてきたら重たいものを使っていくと良いそうです。

ケトルベルのトレーニングで最もスタンダードなのが「ケトルベルスイング」。
お尻や背筋、腹筋をしっかりと強化できるそうなので、ぜひ取り入れてみてください。
まずは足を腰幅に広げて腰を後ろに押し出すようにして膝を少し曲げましょう。
この時、背中と腕は真っ直ぐにしてケトルベルのハンドル部分を両手で持ち上げましょう。
持ち上げたら両足の間から振り子のようにケトルベルを振っていくのですが、
スクワットのように膝を前に出さずに腰と骨盤を前に突き出すように動かしましょう。

スイングの際に脚の後ろ側の筋肉も意識すると良いそうです。
反動で体がぶれたりしないように腹筋も使い流れないようにしましょう。
初めての方は上げる位置は時計の7→8時位の位置で腕の力だけで振らないようにして
全身を使って動かしてみて下さい。

スイングの動作はスクワットのようなど動作ではなく
デッドリフトの動きをイメージしてトライしてみて下さい!

ケトルベルのトレーニングの効果はダイエットや体幹強化に大変おすすめですが
鉄で出来ているものがほとんどのため、落下したときの怪我はもちろんのこと
床を傷つけてしまったり重量が増えた時は場所を取るようになってくると思います。
落下の衝撃の負担やスペースの圧迫の解消にオススメしたいのが「サンドベル」
円盤状の形をしたトレーニングアイテムでケトルベルのトレーニングに最適!
素材はウェットスーツの素材で出来ているので、落下時の衝撃はかなり軽減されるはず!
柔らかく、耐久性に優れているため床も傷つけにくいのも嬉しい作りになっています。
更に重い重量を購入した時は重ねて置いて置けるためスペースの確保もしやすいでしょう


如何でしょうか?
ケトルベルのトレーニングは気になっていたけど、部屋の問題や怪我のリスクでなかなか
取り入れずにいた方はぜひサンドベルのページを見てみてくださいね!
本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
#上半身
#下半身
#筋トレ
#体幹
#ケトルベル
#スイング
#筋トレ女子

103view

次へ リストを見る