お知らせ

2018/02/09

【ブラックレーベルオフィシャルブログ】 【大胸筋の各部位を刺激して立体的な胸板を作ろう!】

逞しい体型は男性のあこがれの体型。
胸板を厚くすると胸を張った姿勢になり、好印象をあたえることが出来ると思います。
また体幹も鍛えるので代謝などを向上する効果も期待できるそうです。

大胸筋を鍛える部位に上部・中部・下部・内側・外側と別れているのはご存知でしょうか?
今回は胸筋の部位に分けたトレーニング方法を紹介しますので、興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

【大胸筋上部】
「デクラインプッシュアップ」
・まず、床にうつ伏せの状態で足をベンチや椅子の上に載せましょう。
この時体のラインが直角三角形になるように方を腕を肩幅より少し広めるなどして意識します。
・腕を曲げて地面に付きそうになるまで体を下ろしていきます。
・地面にギリギリになったり、これ以上下ろせないくらいまで下げたら腕を伸ばして最初の体勢に戻ります。

回数は15〜20回を1セットにしてゆっくりしたペースで行いましょう。
休憩のインターバルは1分で2〜3セット行うと良いでしょう。

【大胸筋中部】
「プッシュアップ」
・まず、床にうつ伏せの体勢で手の幅じゃ肩幅より少し広めに。
胸の高さに合わせて置きましょう。
・体は一直線をキープさせて胸に刺激が行くように張りを意識します。
肘を外側に曲げながらゆっくり下ろしていきます。
・地面にギリギリまで下ろすか、これ以上下ろせないくらいまで体を下げて始めの体勢に戻ります。
・胸の内側に効かせるのであればメディシンボールを使うと良いでしょう。

【大胸筋下部】
「インクラインプッシュアップ」
・まず、椅子やベンチに肩幅より若干広めに両手をつきます。
・次に腕立て伏せの体勢にして体を斜めになる状態にしてキープ。
この時の角度ですが、理想は30度を意識して下さい。
動作の際のポイントは大胸筋がしっかり収縮するまで上体を下げることです。

・腕は曲げる段階で限界まで肘を開き、足はしっかり閉じた状態で行いましょう。

・大胸筋が刺激され広背筋を収縮させたら腕をしっかりと伸ばします。

回数は15〜20回を1セットにしてゆっくりしたペースで行いましょう。
休憩のインターバルは1分で2〜3セット行うと良いでしょう。

いかがでしょうか?腕立て伏せの種類を変えることで胸筋の様々な部位を鍛えることが出来ますので
皆さんも目的に合わせて腕立て伏せの方法を変えてみて下さい!
本日も最後まで読んで頂き誠にありがとうございます!
#筋トレ
?#腕立て
#大胸筋
#筋トレ姿勢
#胸板厚く
#トレーニング
#ボディメイク

41view

次へ リストを見る