お知らせ

2018/01/12

【ブラックレーベルオフィシャルブログ】【背中の筋肉を鍛えて美しいボディラインを目指そう。】

皆さんの中で理想の体型として逆三角形の体型をイメージする方は多いと思います。
体型としては大きく鍛え上げられた肩、胸筋、引き締まった下半身といったところでしょうか?
実は逆三角形のボディを作る上で広背筋も重要なのだそうです。

広背筋が発達すると背中が逆三角形に見え、ウエストも細く見えるのだそう!
背中の筋肉の中で背筋の下部を占めるこの部位のトレーニングについて本日は紹介致します。

広背筋は肩甲骨を引き寄せる際に使う筋肉で肩を落として肩甲骨を寄せるとフル活用できるそう。
鍛え上げることでウエストにもめる針がついて体型がスマートに見えるのだそうですよ!

広背筋を鍛えるときに注目したいポイントとしては腕や肩の筋肉を極力使用しないで広背筋を使いように意識すること。
反動などを利用してトレーニングをしてしまうと効果が分散してしまうので注意しましょう。
また、動作中のフォームもキチンと行わないと思わぬ所で怪我をしてしまいます。
腰に近い部位でもありますので、正しいフォームを心がけましょう。

トレーニング方法としてはまずは『懸垂』。
広背筋を鍛えるのであればこちらの動作を試してみて下さい。
・まず、手を肩幅より広めにし、バーを握ります。
握り方は甲が自分に向くようにして背筋を伸ばしつつ軽く体を持ち上げましょう。

・そのまま肩甲骨を引き上げるイメージでゆっくりと自分の手の位置まであごを持っていきます。
この時無理に持っていかずに最初は限界のところまで上げるようにするといいそうです!

・限界まで上げた所で1秒キープ。

・ゆっくりと戻して10回繰り返します。
休憩は30秒ほどに留めておき、合計3セット行いましょう。

広背筋は自重でもトレーニングできるので
ジムや器具をお持ちでない方はこちらも試してみて下さい!

『ラットプレス』と呼ばれるトレーニングは腹筋に似たトレーニングです。
・動作は腹筋と同じく床に仰向けになり上腕は上半身に沿わせるように近づけておきましょう。
前腕は地面に対して垂直にして、脚は曲げて明日の裏を床に付けます。

・次に上腕を床に押し付けるように肘を支点にして上半身を起こします。
この時腹筋は使わずに腕の力で体を起こすように。
お尻は床につけたままです。

・上半身を起こした状態をキープして最初の動作に戻ります。
回数は8〜12回ほどを同様の休憩時間で3セットを目安にして行ってみると良さそうです。


広背筋は鍛えることで姿勢改善や脂肪燃焼も向上するので猫背などでお悩みの方にもオススメです!
テレビを観ながらラットプルを行ってメリハリボディを目指しましょう!!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
(^^)/
#筋トレ
#背中
#広背筋
#チンニング
#懸垂
#後ろ姿
#猫背解消

27view

次へ リストを見る