お知らせ

2017/12/20

【ブラックレーベルオフィシャルブログ】【毎日やってもOK!?握力を鍛えてみよう!】

日々の生活の中で何かを掴んだり、持ち上げたりする特に使う握力。
筋トレでもハンドグリップなどの器具は昔から家に一つはあったのではないでしょうか?

握力を鍛えることでどんな効果があるのか?どんなトレーニングが良いのか? 今回は握力について紹介します☆ 

まず、握力を鍛えるには前腕筋のトレーニングが必要になります。
前腕筋はものを持ち上げたり、投げたり、押したりする動作に有効な部位で筋肉の中でも
筋肉痛が起きにくい部位でもあるのだそう。

しかも、腹筋やふくらはぎと並び回復力が高い筋肉でもあるので
筋肉痛にならない程度であれば毎日鍛えても良いんだそう。

握力を鍛えることによって前腕部も太く男らしくなるため、Tシャツやシャツの袖から見えたときなどに
セクシーに見えるのだとか!

細かな作業もしやすくなるようで、タイピンクや認知症予防、ギターのコードも抑えやすくなることもあるそうです。
トレーニングにおいては、懸垂やバートレーニングの際にホールドしやすくなるので、トレーニングの最中に
握っている握力が持たずに目標レップ数に届かない。。。なんてことも解消されるでしょう。

では、前腕筋を使ったトレーニングについて今回は器具を使ったものを紹介します。

冒頭にも出てきたハンドグリッパーを使った方法。
今では大型のドラッグストア等に行けば手に入れることも多くなりましたが
選ぶ基準は自分の握力の80%の重さで10〜20回ほどこなせる負荷のものを選ぶといいそうです。

トレーニングについては手全体で握り、くっついた状態で5秒ほどキープ。
これを10回約3セットを目安に行ってみましょう! 
 
次はダンベルを使った『スピネーション』というトレーニング。
手首のスナップに有効なのだそう。 

・まず、ダンベルを持ち、前腕部分を太腿に密着させ手首を回転させてダンベルが垂直になるまで持ち上げ
ゆっくりと元に位置に戻します。
この動作のイメージは腕相撲のような動作です。

回数ですがインターバルを挟んで2セットほど。
限界がくるまで追い込んでみましょう!  

・最後に懸垂を使った前腕筋強化ですが、まず肩幅よりも少し広めにぶら下がり
背筋はしっかりと伸ばしましょう。 

・次に胸筋を棒に惹きつけていくのですが胸を張るように意識しましょう。 

・そのままゆっくりと下げていき、この上下の運動を15回を目安にして3セット。

合間のインターバルは1分ほどに留めておくようにしましょう。
如何でしたでしょうか? これから半袖シャツを着る機会も多いかと思います。

男らしいゴツゴツした前腕で注目を集めたい方や重量トレーニングで思うようにいかなかった方はぜひ試してみてください!
本日も最後まで読んでいただきありがとうございます! (^^)/ 
 #筋トレ
#前腕筋
#リストカール
#ボディメイク
#上半身強化
#リハビリ
#背筋

51view

次へ リストを見る