特定商取引に基づく表示

BLACK LABEL ブラックレーベルにおける「特定商取引法」に関する内容を表記しています。
※追記:多発する悪質な架空注文についてクーリングオフについて

※発送状況、商品内容などのお問合せはメールにて受け付けております。お電話でのお問合せは行なっておりません。自動メールなどが迷惑ボックスに入っている事も多発しておりますので、自動メールなどは良くお読み頂けます様お願い申し上げます。空注文が発覚した場合、IPアドレスより注文元を特定し、警察に通報致します。

 

販売業者 株式会社クリッパー
販売責任者氏名 栃木裕美子
所在地

812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-17-1
SIHD博多プレステージ本館3F  

電話番号 092-303-9328

※発送状況、商品内容などのお問合せはメールにて受け付けております。お電話でのお問合せは行なっておりません。自動メールなどが迷惑ボックスに入っている事も多発しておりますので、自動メールなどは良くお読み頂けます様お願い申し上げます

FAX番号 03-6893-5876
電子メール

info@clipperinc.jp

URL http://www.black-lab.jp
お申し込み方法

Webサイト上よりお申し込み(24時間受付)

商品代金以外の必要料金 送料(1点につき800円からの金額がかかります。重さ・大きさにつき送料の金額が変わりますので購入画面にて必ずご確認ください)、銀行振込手数料、代金引換手数料
受け取りについて 商品お届けの際、お客様のご都合で受取を拒否された場合、発送の際の費用をご負担頂いております。
引渡し時期 平日午前中の注文で注文後1〜3営業日ほど
掛かりますので余裕を持ってお申込ください。

IVANKO社製やサプリメントのメーカー
からのお取り寄せ品については弊社仕入れ元
メーカーからの発送となりますので、行き違いによる欠品などの場合もございますので
必ず注文前に在庫状況を弊社までお問い合わせ
下さい。
お支払い方法 銀行振込/代金引換/クレジットカード支払(eコレクト)
返品とキャンセルについて

注文と明らかに異なる商品の場合等、連絡の上ご返品下さい。尚、返品は不良品の時のみ対応致します。

ご注文は受付を行った時点で即発送業務へと回します。

したがってご注文のキャンセルは原則として受け付けておりませんので、ご注文前に十分ご検討の上ご注文をお願い致します。
ただし、ご注文の受付を弊社が行う前であれば対応できる場合もございます。

※ 深夜のご注文の場合は翌営業日午前中まで

ご注文してすぐであればできるだけ早い段階でお問い合わせください。

架空の注文について 空注文が発覚した場合、IPアドレスより注文元を特定し、警察に通報致します。
返品時期 商品到着後7日以内
返品送料 お客様のご都合の返品はお客様負担・不良品・破損の場合は当社負担
個人情報の保護 上部メニューの「個人情報保護方針」をお読み下さい。
購入について

携帯電話のアドレスをご記入される方は「info@clipperinc.jp」からのメールが受信可能な設定への変更をお願い致します。
ご注文内容確認メールが届いていない事例がございますので必ず設定頂ますようお願い申し上げます。

尚、空注文等のいたずらによる注文に関しましては法的処置を取らせていただきます。

お届けについて

お届けについての正確な情報を必ずご登録ください。お願い致します。

クリッパー商品におきましては金曜日午前中までのご注文で日曜日到着の指定が可能です。
金曜日午後以降の注文、祝前日につきましては翌営業日出荷となりますのでご注意下さい。

商品の在庫状況について

商品は注文状況により注文完了後にお届けが出来ない場合もございます。
納期情報はご注文時の商品名に明記しておりますが、万が一欠品の場合はメールで個別に連絡致しますので、予めご了承の上ご注文頂けますようお願い申し上げます
アドレスをご記入される方は
「info@clipperinc.jp」からのメールが受信可能な設定への変更をお願い致します。

責任の有無 商品の性質上、当商品をご利用されていかなるトラブル・損害が発生しても、当方では一切の責任を負えません。ご了承お願いいたします。
【必ずご確認下さい】
商品の確認メールについて

お客様の携帯やPCの設定によりご注文確認のご連絡メールがスパムメールと認識されてしまう場合がございますので、ご注文後確認のメールが届かない場合は必ずinfo@clipperinc.jpまでご一報下さいませ。
営業時間内の電話応対が出来ないお客様へは
必ず上記アドレスまで御連絡下さい。

※御連絡いただけない場合は注文無効とさせていただく場合もございます。

長期不在・受取拒否
の場合
お客様都合による受取拒否・長期不在の場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。
また、次回以降ご注文を承ることができない場合がございます。あらかじめご了承ください。
なお、商品発送後の長期不在・受取拒否等により商品が返却された場合、手数料として
¥2,100をご請求させていただく場合がございます。
営業時間について

ご注文は24時間受け付けております。
店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします。

平日10:00−17:00

※土日祝祭日はお休みをいただいております。

【詐欺サイトにご注意下さい!!】

この度、弊社商品のバーンマシンについてインターネット上で販売価格の半額以下の価格で販売している業者の報告がありました。 こちらは詐欺サイトの恐れがあり、お客様個人情報の漏洩やクレジットや銀行振込での注文品の未着。 注文した商品の類似品が届く・・・など被害の恐れがあります。 極端に安価で商品を販売しているサイトは詐欺サイトの恐れがございますので、何卒お気をつけ下さい。

以下のような反社会的行為が当社判断で認められた場合、裁判所、検察庁、警察などの法的対応を行います。

 

・脅迫的、いやがらせ、他人を中傷し猥褻・猥雑な言動、行為、行動、品格を欠く言葉遣い、その兆候も含む
・法令に違反する行為、行動、当社の権利を侵害する場合
・当社に経済的・精神的損害を与える、当社の名誉を毀損する場合
・悪質なクレームおよびその兆候が当社で判断された場合
・他人のプライバシーを侵害する場合
・住所、氏名、メールアドレス、電話番号、クレジットカード番号などの個人情報を悪用した場合
・品性を欠く、罵詈雑言に類する、嫌悪感を与える場合 ※大声、大きな声も含む

 

※当社は、反社会的行為からの不当要求には一切応じません。反社会的行為による不当要求が認められた場合には、すみやかに民事上もしくは刑事上の法的対応を行います。


【商品の配送について】
商品の配送については商品によって異なります。
以下一覧をご参照下さいませ。
本州は一律1個600円
沖縄・離島は別途中継手数料がかかります。
フープノティカ トラベルフープ
フープノティカ トラベルフープセットDVD付き
バリスライド
ピラーズ350G(グリーン)
ピラーズ500G(イエロー)
ピラーズ750G(レッド)
バンテージローラー
グリパッド
マヌスグリップ
トラベルローラー
ハンドマスターセット
ハンドマスター レッド
フォーアームマックス2
O2トレーナー
ハンドヨガ
エクステンサー
Tグリップマックス
synリング
マヌスグリップボール
プッシュX3
スプランクフィットネス
タロンフィットストラップのみ
本州は一律1個800円
沖縄・離島は別途中継手数料がかかります。
バーンマシン 12lb
バーンマシーン 4lb
アンリミテッドマシン
バーンマシーン2
ユニバーサルバーンマシン
マススーツ
サンドベル4.5kg(紫)
サンドベル13.5kg(黄色)
グリップダンベルバー4kg
プルアップグリップボール5kg
エクストリームローラー
RCK360
コアコースター
本州は一律1個1,200円
沖縄・離島は別途中継手数料がかかります。
サンドベル18kg(赤)
サンドベル22.5kg(黒)
ブルガリアンサンドバッグ17kg
アイオリンピックバー
ジムチェーン
ジムロープ
ジムハンマー10kg
タロンフィットメディシングボールセット
アイアンチェストマスター
本州は一律1個2,100円
沖縄・離島は別途中継手数料がかかります。
ブルガリアンサンドバッグ22kg
ジムロープ2本セット
プライオメトリクス ベース 22kg
本州は一律1個4,000円
沖縄・離島は別途中継手数料がかかります。
ヘックスバー
ファーマーズワークログ
ストロングマンログ
本州は一律1個5,000円
沖縄・離島は別途中継手数料がかかります。
ヘックストラップバー※受注生産品です。

【詐欺サイトにご注意下さい!!】

この度、弊社商品のバーンマシンについてインターネット上で販売価格の半額以下の価格で販売している業者の報告がありました。 こちらは詐欺サイトの恐れがあり、お客様個人情報の漏洩やクレジットや銀行振込での注文品の未着。 注文した商品の類似品が届く・・・など被害の恐れがあります。 極端に安価で商品を販売しているサイトは詐欺サイトの恐れがございますので、何卒お気をつけ下さい。

以下のような反社会的行為が当社判断で認められた場合、裁判所、検察庁、警察などの法的対応を行います。

 

・脅迫的、いやがらせ、他人を中傷し猥褻・猥雑な言動、行為、行動、品格を欠く言葉遣い、その兆候も含む
・法令に違反する行為、行動、当社の権利を侵害する場合
・当社に経済的・精神的損害を与える、当社の名誉を毀損する場合
・悪質なクレームおよびその兆候が当社で判断された場合
・他人のプライバシーを侵害する場合
・住所、氏名、メールアドレス、電話番号、クレジットカード番号などの個人情報を悪用した場合
・品性を欠く、罵詈雑言に類する、嫌悪感を与える場合 ※大声、大きな声も含む

 

※当社は、反社会的行為からの不当要求には一切応じません。反社会的行為による不当要求が認められた場合には、すみやかに民事上もしくは刑事上の法的対応を行います。

 

多発する悪質な架空注文について

架空または他人の個人情報(氏名・住所・電話番号等)を勝手に使用した「いたずら注文」や、 誰かになりすました「なりすまし注文」「所在不明」、自己都合による「受け取り拒否」など、 悪質な迷惑行為が当店においても発生いたしました。 こうした行為は当店のみならず、善良な第三者様に大変な迷惑を与える場合がございます。 これらのの悪質な注文を防止するため、当店ではやむをえず以下の対策を取る事にいたしました。 皆様にはお手数をお掛け致しますが、何卒、ご理解、ご協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

【当店の対策】

  • ・高額注文、初めてご注文頂くお客様には、発送前に電話やメールにて確認させていただく場合がございます。
  • ・被害を未然に防ぐためにもご注文いただいたメールアドレスに連絡が取れない場合、電話でのご連絡が取れない場合など、ご注文取引のキャンセルをさせて頂く場合がございます。
  • ・前払い決済ご希望で、一週間以内にご入金いただけない場合(事前にご連絡ある場合を除く)は 、ご注文をキャンセルとさせて頂きます。
  • ・過去のお引取り経緯によりご注文をお断りする場合がございます。

 

【いたずら注文・なりすまし注文】

いたずら注文・なりすまし注文・所在不明・受取拒否などにより、 当店や第三者へ損害を与えた場合、個人情報・IPアドレス(ホストアドレスを控えさせて頂いております。)を、関係機関に報告・警察へ被害届けを提出させて頂きます。

尚、法的手段により損害賠償額を請求させて頂きます。

 

【代引き商品受け取り拒否について】

いかなる理由に関わらず、受け取り拒否により商品が返送されてきた場合、当店の実損額を請求いたします。 往復の正規運賃+代引き手数料+請求書郵送料の実費をお支払い頂きます。

この請求を無視した場合、当店所在地を管轄する簡易裁判所にて法的手続きを行い、審理日に出頭していただきますので、裁判所までの交通費をご負担願います。 また、訴訟費用もご負担いただきますので、予めご了承ください。

 

【なりすまし注文について】

代引き発送した商品を、「頼んでいない」「そんな人はいない」などという理由で 受け取り拒否をした場合、第三者によるなりすまし注文が考えられ、これは、「詐欺罪」にあたります。

当店または善良な第三者へ迷惑・損害を与えた場合は、 関係機関等に迷惑行為があった旨を報告・警察へ被害届けを提出いたします。

さらに、ホストアドレスにより注文者の特定をし、損害賠償を請求いたします。

また、実際には本人が申込をした場合でも、その後、その商品を購入したくなくなった本人が「申込を行っていない」(すなわち「なりすまされた」)と主張する場合があり、 意図的なキャンセル・いたずら注文など、悪意ある注文や行為と判断した場合は、 同様に関係機関への報告・警察への被害届けを提出し、損害賠償を請求いたします。

 

※上記以外にも迷惑・損害の発生する行為があった場合も該当します。 当店だけでなく、第三者へ迷惑をかける行為は 「偽計業務妨害罪」(刑法233条)にあたり3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。 こういった事実は、一生懸命運営されている他店様でも多発しているようで、今後は、他店とも協力し、悪質な第3者の排除に努めていきたい所存でおります。

 

以上、皆様にはお手数をおかけいたしますが、何卒、ご理解、ご協力いただきますよう、改めて宜しくお願い申し上げます。

クーリングオフについて

『通信販売のクーリングオフ』サイトよりの引用文]

●クーリングオフについて
クーリングオフは、全ての契約に認められているわけではありません。

クーリングオフは、訪問販売などの主として不意打ち性のある販売方法から消費者を守るために法定されている制度であり、消費者を保護する必要性のない場合は、クーリングオフ制度はありません。

例えば、自分からお店に出向いてテレビや時計を買ったり(店舗販売)、カタログを見て自分から電話やハガキで申し込んでパソコンや洋服を買ったような場合(通信販売)は、自分の意思で冷静に判断して契約の申し込みをしたと考えられるので、 消費者を保護する必要性に乏しく、クーリングオフ制度が規定されていないのです。

通信販売とは、雑誌・カタログ・ちらし・広告・ダイレクトメール・テレビ・ホームページ・メールなどを見て、電話・FAX・郵便・インターネット(ホーム ページ、メール)などで申し込む契約のことを言います。具体的には、カタログショッピング、テレビショッピング、ネット通販、ネットオークションなどで す。

これら通信販売の場合は、電話勧誘販売に該当する場合を除き、法律上のクーリングオフ制度がありませんので、業者が任意(自主的)にクーリングオフや返品に応じてくれる場合でなければ、クーリングオフはできないのです。

消費者にとっては残念ですが、気が変わったからやめたいとか、イメージと違ったからクーリングオフしたいというのは、通信販売には適用されません。(通信販売は、お店に行かずに商品を購入できるという利点を消費者が選択しているため、商品を手に取って見れないリスクは消費者の自己責任となっています。そのため、通信販売を利用する際には、返品できるのかどうか事前に確認する心掛けが求められます。)

なお、業者にとっては、クーリングオフ・返品を受け付けるかどうかは自由であり、クーリングオフ・返品規定を設けている業者とクーリングオフ・返品を受け付けていない業者とがあります。

また、業者がクーリングオフや返品を受け付けていた場合でも、それは業者が自主的に応じているものですから、多くの場合、返品や交換に要する送料は、消費者側が負担することになると思います。

ところで、クーリングオフ・返品に応じていない業者に対しては、商品の発送前であれば、すぐにキャンセルの連絡をし、商品の受け取り後であれば、未開封・未使用の場合なら、送料・キャンセル料を支払うことや別の商品への交換を提案するなどして、返品に応じてもらえるよう交渉する余地はあるでしょう。

また、クーリングオフが認められない場合でも、申し込んだ商品とは別の商品が届いたとか、商品が破損・欠品・故障していたとか、広告の内容と違う場合は、クーリングオフとは別の問題であり、 返品、交換、修理の要求や代金の減額請求、あるいは契約の解除ができますので、第一義的には相手業者との交渉をして解決を図ることになります。

■ 【例外】 通信販売がクーリングオフ(返品)できる場合

通信販売にはクーリングオフ制度がありません。しかし、返品特約(返品の可否・返品期間等の条件・返品の送料負担の有無)に関する事項を広告に記載することが義務付けられています。 それは、消費者に対して、購入前に返品できるかどうかを知らせておく必要性がありますし、また、消費者の側としても、返品できるかどうかを確認することで商品や販売業者を選ぶ際の参考にもなるからです。

そして、この返品特約は、返品できる場合もできない場合も、いずれの場合も記載が義務付けられており、返品を受け付けていない場合は、返品できない旨を記載しなければなりません。

もし、この義務を守らず、返品特約を広告に表示していない場合には、商品の受け取り後、8日以内に返品(契約の解除)ができます。ただし、商品の返品に関する送料は、消費者側が負担する。(サービス契約は対象外。商品受領日が第一日目、8日以内に意思表示を到達。書面は要件ではない。) (※2009年12月1日施行の法改正)

これは、8日間の返品が可能ということで、クーリングオフ類似の制度ですが、あくまでも返品特約を広告に表示していなかった場合に認められるものであり、返品特約が広告に表示されている場合はクーリングオフできません。(返品特約がある場合、例えば、返品期限が3日となっていればクーリングオフは3日間、返品不可となっていればクーリングオフはできない。もちろん、商品が広告の内容と違う場合や品質に問題がある場合等は、返品特約に拘束されない。)

返品特約は、それぞれの商品ごとに表示するのが原則ですが、「返品に関する事項」等のページにおいて一括して返品特約を表示する方法であっても、消費者に とってわかりやすい表示方法である限り返品特約として認められ得る。もちろん、「返品に関する事項」のページへのリンクがわかりにくいものや、当該ページ 内において 返品特約について記載はあるものの、申込み方法等の他の事項に埋もれてしまってわかりにくいものは、不可と考えられる。

なお、返品特約をあえて広告に表示せず、8日以内にクーリングオフの申し出があった場合にはクーリングオフに応じるという姿勢で業務を行う場合、それは クーリングオフ受け入れ業者である以前に、特定商取引法の違反業者となりますので、返品特約を表示せずに業務を行うことは認められません。

【注意】
通信販売において返品できる場合は、クーリングオフのような無条件解除の規定が特定商取引法に定められていないため、民法の規定に従って処理することにな る。よって、使用・消費したものや消費者の故意・過失により破損した商品を無条件に返品できるわけではない。(契約当事者双方に原状回復義務があり、使用 利益・不当利得の返還義務や損害賠償義務が発生する場合がある。) このことから、原則として返品できるのは未使用の商品の場合と考えられる。なお、返品に係る送料は消費者負担であることは既述のとおり。

【通信販売のクーリングオフ類似制度の趣旨】
※2009年12月1日に施行された改正特定商取引法のポイントは、通信販売にもクーリングオフ類似制度を導入したことにあります。そして、販売業者に対 しては、法律を守って返品特約をきちんと表示した場合には、クーリングオフ類似制度を免除してあげます、というものなのです。(趣旨は業者に法律を守らせ るための法改正)

【原則】 通信販売はクーリングオフ類似の返品ができる。
【例外】 ただし、業者が法律どおりに返品特約の表示義務を果たした場合にはその特典として業者はクーリングオフ義務を免除され、消費者はクーリングオフできない。


TOPへ戻る